素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2008/02/09(土) 22:10:57

フリーゲームを扱うポータルサイトで多くの賞を受賞されたサウンドノベル作品です。
選択肢も一部ありますが、基本的にはゲーム性のない読み物となっています。
物語の背景は現代社会において牛鬼という妖怪と対決するもので、情景や登場人物などひとつひとつの描写がリアルで、物語の中に没頭できる作品です。

序盤は落ち着いた展開で、プレイヤーをぐいぐいと引きつけるような展開ではないため、必ずしもプレイしやすいという感じは受けなかったのですが、主人公が転入先の学校へ行く辺りから他の登場人物との会話が弾んできて、展開も徐々に加速していきます。
時間ループというものを扱っていて、何回も同じ場面を読まなければならないという側面もありますが(既読スキップを使えばそれほど気にはなりませんが)、緊迫した展開も次々と起きてきて、次にどうなるかというワクワク感がありますので、後半はプレイを止められなくなってきますね。
また存在意義やアイデンティテイといったものがテーマとして扱われていて、主人公の葛藤や自問自答が作品全体に力を与えているように思いました。

ゲルひみつ結社


ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ひとかた(お竜)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
償いの時計(大誤) (2008/06/21)
黄金の魔王(木下英一) (2013/03/03)
オシチヤ(oumi) (2008/08/06)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら