素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2007/11/06(火) 20:41:13

グラフィックや画面構成がどことなく古い海外ゲームを彷彿とさせる、RPGツクール2000で作られたファンタジーRPGです。
世界観も日本的なアニメや漫画の世界のほかに、童話や児童文学的な要素も色濃く出ているように感じました。

ストーリーは動物と会話できる少女が、枯れかけている世界樹を救うために旅に出るというもので、旅の途中で出会う人々との触れ合いや、彼らの作り出すドラマが非常に魅力的に描かれています。
作中でさりげなく描かれた背景やキャラの設定も、世界観に奥行きを与えていました。
作品の中で“死”というテーマが扱われていますが、その点に関しても納得のいく展開に仕上がっていたと思います。

ミニゲームや隠し要素が多くて難易度は高いですが、旧サイトにあった攻略法が現在のサイトには置いていないので、インターネットアーカイブを利用して閲覧するしかないでしょう。

気になった点としては、エンカウント率はやや高めということと、画面効果に力が入っていて、街の上空を飛ぶ小鳥たちといった小技が効いていると思う反面、目の負担になるといったところです。

作者さんのサイト
猫熾堂

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「WhiteRequiem(松本春懶)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Tears Legendary Fragment 森と剣と嘘つき妖精(ASUKA) (2009/03/09)
トイ劇場おまけゲーム「勇者凱旋劇場」(トイ) (2010/03/01)
セブンシア(クイーンオセロット) (2012/10/23)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら