素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2007/10/26(金) 08:51:30

OSをWindows98SEからXPに変える以前は、MIDI音源はローランドのVSC88とヤマハのS-YXG100plusを使っていたのですが、S-YXG100plusはなんとXPに対応していなくて、現在はXG音源を持っていない状態だったのですが、マイクロソフトからXPと2000に対応したS-YXG50が無料でダウンロードできるようになっていたので、そちらを入手しました。
http://www.download.windowsupdate.com/msdownload/update/v3-19990518/cabpool/1403848.cab

設定は少し面倒臭くて、まずダウンロードしたファイルを適当な場所に解凍します。
次に「コントロールパネル」を開き、「ハードウェアの追加」を選択します。
「はい、ハードウェアを接続しています」を選び、次へをクリック。
「インストールされているハードウェア」の一番下にある、「新しいハードウェアデバイスの追加」を選択して、次へをクリック。
「一覧から選択したハードウェアをインストールする」を選択。
「すべてのデバイスを表示する」を選んで次へ。
右下にある「ディスク使用」をクリックし、「製造元のファイルのコピー元」に解凍したファイルのアドレスを入れて「参照」をクリックすれば、「SXGXGWDM」というファイルが表示されますので、それを選択して「開く」を選んで「OK」をクリックします。
「次へ」を選択していけば、ファイルをコピーし始めますので、それが終わったら「完了」をクリックします。
これでインストールは終了です。

あとはコントロールパネルの「サウンドとオーディオデバイス」で、「オーディオ」のタブをクリックして、「MIDI音源の再生」でヤマハの音源にするか、個々のMIDIプレーヤーで設定をすれば、XG音源でMIDIを聴けるようになります。

音源としては決して高性能とは言えませんが、とりあえずXG音源がほしいという方には、ちょうど良いのではないかと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「S-YXG50が無料で公開中」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
MIDI CANVAS (2007/08/02)
一番使っている音楽プレーヤー (2009/11/07)
RCPをSMFに変換 (2008/06/11)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら