素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2009/09/24(木) 21:54:05

同名の市販漫画があるようですが、ここで紹介する作品はそれとはまったく関係のない、フリーのビジュアルノベルです。
ルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」がモチーフになっていて、この作品も同じように不思議な世界に引き込まれる展開となっています。

メルヘンチックな雰囲気の中に見え隠れするダークな雰囲気が、プレイヤーに良い緊張感を与えてくれ、中盤以降は徐々に深くなっていく闇や急な展開など、物語としてとても楽しめる作品になっています。
辛い現実から目を背けないというテーマも、物語を盛り上げるのにしっかりと組み込まれていると感じさせられました。

選択肢が多く挟まれますが、すべてのルートを読んで50枚の神経衰弱をクリアすると、おまけのシナリオを楽しむことができて、僅かながらではありますが、希望を感じさせるエンドになっています。

ビジュアルには力が入っていて、とても魅力的だと思う反面、やや重く感じる操作性やセリフ枠とテキストが同系統の色を使っているなど、もう少しプレイしやすさを意識してもよかったように感じました。

作者さんのサイト
郷愁花屋


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「東京アリス(ムシロ)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
初恋のTHEME(pkorin) (2010/02/07)
こいわたり、さやさや(三上朔知) (2009/08/07)
フェイレンワールドアナザー(木下英一) (2008/12/26)
コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら