素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2008/08/30(土) 21:16:44

序盤はオーソドックスな作りのサウンドノベルで、中盤からは屋敷の中を探索するADV的なホラーゲームです。
非常に読みやすい文章であると同時に、常に得体の知れない何かを感じることができる展開なので、最初から最後まで作品の中に引き込まれてプレイすることができました。

背景には写真ではなく絵が使われている箇所もあって、最初は臨場感的にどうかなと思ったのですが、実際にゲームを進めて行くと杞憂もいいところで、背筋がゾクゾクする恐怖感を十二分に味わうことができます。
突然何かが起きてきてハッとさせられるような展開もありますが、それ以上にじわじわと来る恐怖を全編を通して感じさせられるのが凄いですね。
派手な展開は少ないのに、こうやって恐怖を演出できるんだなと感心しちゃいます。

ゲームの操作法に関しては、それぞれのエンディングを迎えた直後にセーブをしないと、エンディングリストを埋めることができないようです。
またヘルプにも書いてありますが、しおりを変えてもリストを埋めることができないので、早送りと搭載されているESPシステムを駆使してコンプリートを目指すことになりますね。

Studio-Rise


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「残影 -時の調べ- 前編(Studio-Rise)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
メッセージ(如月弥生) (2008/07/17)
あやし - 境界揺動 -(ever.) (2011/06/05)
蜃気楼の教室(相馬冬) (2009/12/05)
コメント

さて、DLしました

お返事感謝です。
お言葉に甘えてこちらの作品を今度プレイしたいと思います。
最近ひぐらしやうみねこ好きの私なので楽しみです。

こちらこそ感謝です

ひぐらし等はやったことがないのでお口に合うかわかりませんが、個人的にはどれも楽しめたものばかりなので、楽しんでいただけたら幸いです。

コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら