素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2012/08/05(日) 20:12:51

夢やピアノ曲がモチーフに使われた、心を揺り動かすドラマ性を持ったファンタジーRPGです
もともとこの作品は第一部がフリーウェアで第二部をシェアウェアとした商業展開の作品でしたが、現在では第二部もフリーで公開されています。
製作側も個人やサークルではなく一企業で、いわゆる同人ゲームとは異なるカテゴリになるかと思います。

ストーリーは主人公が自らの出生や父親の犯した罪を知るために、生まれ故郷の国へ旅立つことになりますが、プレイヤーに対して謎の提示が非常に優れていて、続きがどうなるのかという気持ちを持ちながらプレイすることができます。

作品全体を覆うノスタルジックでセンチメンタルな雰囲気が、プレイヤーの心を締めつけてくれますが、作品の中で使われている哀愁の漂うBGMも秀逸で、当時のネットでは名の知れたコンポーザーの方たちが曲を提供されています。

他にも人間の心理や存在意義といった哲学的なテーマも、作品に重みを与えていました。

RPGツクール95という古いツールで作られたため、目が疲れやすいといった点はありますが、今でも色の褪せることのない強烈な印象を残してくれる作品だと思います。

作者さんのサイト
Game Maker "Child-Dream"
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Lost Memory(Child-Dream)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
私の黒猫(夏草) (2008/11/04)
セネカ(AZN-WIND) (2008/12/13)
熱き冒険者たちの物語(けいすけ) (2013/07/01)

2012/08/01(水) 20:20:01

美術館を舞台に抽象的な絵画や彫刻をモチーフにした、RPGツクール製のホラーADVです。
別世界に迷い込んでしまった主人公が現実世界に戻るために、途中で仲間になるキャラクターたちとともに、不気味で幻想的な世界をさまようという内容になっています。

ゲームとしてはコンパクトなマップデザインに、アイデア豊富な様々な仕掛けがプレイヤーを楽しませてくれ、恐怖を煽る演出も効果的に使われていました。
ホラーとアートがマッチした世界観も非常に印象的で、作者さんの描く異世界を十分に堪能することができます。
作品全体を覆っている哀しみや切なさといった要素も心に訴えかけるものがあり、最後まで一気に楽しむことができました。

いくつかの条件によってエンディングが分岐し、謎解きもそれなりに難しいので、わからないことがあれば作者さんのサイトの攻略法を見るといいでしょう。

作者さんのサイト
モノクロミュージアム
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Ib(kouri)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
メトロ・アングラ(ボトル・ネック) (2011/08/01)
虚構に咲くユリ(A.Sasaki) (2010/01/22)
砂の丘(ろーたろう) (2007/10/05)