素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2011/10/15(土) 19:06:46

ファミコン時代のグラフィック、BGM、画面構成を意識して作られた作品で、まさにファミコン版ドラゴンクエスト2という雰囲気を持ったRPGです。
この作品は第7回ふりーむ!フリーゲームコンテストで、健闘賞を受賞されました。

魅力的なイベント、自由度のあるフィールドマップ、多様なダンジョンのデザイン、住民のセリフの変化、ユーモアのセンスなど、本家を凌ぐのではないかと思えるほどのクオリティを感じさせるものになっていて、これも作者さんがドラクエの持つRPGの基礎的な部分とおもしろさのツボを、しっかりと認識しているからではないかと思います。

他にも武器や防具も進行に合わせて手に入れられるように設定されていたり、魔法も少しずつバランス良く覚えていくので、アイテムや呪文に存在感があると感じさせられます。

戦闘バランスも序盤と後半はギリギリのものになっていて、緊張感のある戦いをすることができます。

全体的に中身の濃さを感じさせるものになっていて、最後まで楽しくプレイすることができました。

作者さんのサイト
ハイパーねこ牧場
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「クラシックレジェンド 〜悠久のノスタルジア〜(天駆連星)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
みずいろレイニー(松あきの) (2008/04/11)
ルクレツィア(しゃなん) (2010/05/26)
コープスパーティー(KEDWIN) (2008/01/11)

2011/10/09(日) 13:55:41

ハンターというファンタジーRPGの冒険者のような職業を目指す少年を主人公とした、王道的な冒険物の少年漫画ですが、眼を抉り出すとか腕を切断とかアンダーグラウンドな展開も描かれていて、死に対してリアルに描かれているのが、この作品の魅力であり特徴になっていると思います。

ジャンプ系列のバトルを中心としたものというよりも、知恵と知恵のぶつかり合いやだまし合いが大きな比重を占めているのも特徴で、駆け引きをここまで描いた作品は珍しいのではないかと思います。

主人公のゴンも王道的なキャラですが、周りにはひと癖もふた癖もある連中ばかりで、油断をすればやられる!!という感覚を読者に感じさせられるのは凄いですね。
主人公とその仲間たちの持つ純粋さと残酷な展開とのギャップも、従来の漫画との違いを感じさせられ、最先端を行っている作品のひとつではないかと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「HUNTER×HUNTER 1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます