素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2010/04/18(日) 21:43:31

かわいらしい歌声のボーカリストである、霜月はるかさんのサイトです。
民族音楽風の要素に美しいメロディーが特徴で、自ら作曲もされるシンガーソングライターです。
Maple Leaf

多くのクリエイターと同じようにネットで自分の作った曲をアップするところから始まり、現在では市販のゲームやアニメのテーマソングを担当されるという、見事にステップアップを成し遂げた方です。
Musicにはフリーでダウンロードできる曲が置いてあるので、気に入った方はCDを購入するなりするといいでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Maple Leaf」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
HOMu'Works (2007/09/08)
Site Jan (2012/06/17)
Rosemarry* (2007/08/15)

2010/04/13(火) 19:05:26

5分ほどで終わってしまう短編ホラーノベルで、効果音やBGMの使い方や展開によって背筋がゾクリとさせられる、短いながらもしっかりとした作品です。
ストーリーは深夜に帰宅した主人公が、放映しているはずのないテレビ番組を見て、事件に巻き込まれていくというものです。

あくまでもシチュエーションをメインに描いた作品という印象で、ストーリーの謎がはっきりしない終わり方ではありますが、読みやすい文章でホラーの雰囲気を楽しめる作品に仕上がっていると思います。

作者さんのサイト
Studio Mix Up


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「M LIVE(Studio Mix Up)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
BELIEVE it or not(Cho-ya) (2007/07/01)
狛犬第5話(秋里京子) (2007/10/18)
NOSTALGIC MEMORY(AKIRA) (2009/12/20)

2010/04/05(月) 19:09:41

ここのサークルはお二人で運営されているようで、以前紹介させていただいた「夜蝶綺譚」とは別の方がシナリオを担当されているようです。
選択肢はひとつだけありますが、基本的にはゲーム性のないサウンドノベルとなっています。

ジャンルはサイコホラーに当たる作品で、最初から最後まで身の危険を感じる恐怖がずっと続くので、緊張感が途切れることなく楽しむことができます。

文章は読みやすくて情景描写がとても良く、「赤い」や「殴る」といった単語や効果音、首吊りの画像といったものを、ギミック的な使い方をしているのがとても印象的でした。

ストーリーも謎が解かれていく展開は読み応えがあり、登場人物の救いのない境遇や、闇に光の差すようなエンディングも非常に印象に残るものでした。

ちなみにnooseとは、絞首刑とのこと。

作者さんのサイト
ZIGZAG


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「The noose(ZIGZAG)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
カメQクエスト(PIRE) (2008/05/19)
オリエンタル サガ(ノリ) (2010/10/04)
二の舞(Cho-ya) (2008/10/11)

2010/04/02(金) 20:03:39

今では誰でもパソコンで音楽を製作して、ネットにオリジナル曲などをアップロードできますが、そのコンピューターで音楽を作成するうえで、歴史的な役割を果たしたのがYMO(イエローマジックオーケストラ)です。

YMOが登場した頃はパソコンが普及し始めたころでもありますが、言うなれば未来の世界が現実に普及し始めたということで、音作りもSFの世界をイメージしたものになっています。
この辺りはやはり時代を感じさせられますが、もともと演奏技術が高くて音楽に対する造詣が深い人たちが作ったものなので、今聴いても素晴らしい曲だと思わせられます。

テクノポリス
http://www.youtube.com/watch?v=7OOLxGjb3dY
ライディーン
http://www.youtube.com/watch?v=sk6o4GWFIV8&feature=related
ビハインド・ザ・マスク
http://www.youtube.com/watch?v=7DSue36BpH8&feature=related
ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー
http://www.youtube.com/watch?v=MtR3V51YmNU&feature=related




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
The 1st Chapter (2012/10/28)
Big Generator (2011/04/09)