素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2010/03/31(水) 07:19:50

ガンダムやボトムズのようなリアルロボットに、美少女たちが搭乗してバトルを繰り広げるSFRPGで、リアルロボット系アニメの雰囲気が非常に良く出ている作品です。
序盤は覚えることが多いと感じますが、やっていくうちに慣れると思います。

メカニックはグラフィックが良いだけでなく、自分のメカにパーツを付け足して性能をアップさせていくところが、この作品の魅力のひとつになっています。
ただパーツの種類は多くて面倒な側面もあるので、交換できるキャラを絞ったのはその辺りの配慮だったのかもしれません。

ストーリー展開もプレイヤーを引き込んでくれるもので、設定やグラフィックなどで作られた世界観も完成度の高いものになっていました。

気になった点としてはダンジョンと雑魚戦闘が単調に感じたのと、エフェクトが派手な分、目が疲れるといったところです。

作者さんのサイト
Idler Factory


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「鋼鉄の歌姫(ASUKA)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
セネカ(AZN-WIND) (2008/12/13)
セスタニアの迷宮(水鏡幻姿) (2010/09/22)
償いの時計(大誤) (2008/06/21)

2010/03/28(日) 00:22:25

Search Light!!は主に画像系やテキスト系を扱っているポータルサイトです。
それ以外にも音楽系や素材系も扱っていて、ここのブログはテキスト系に登録させていただきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Search Light!!に登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
駄文同盟.comに登録 (2010/01/02)
web拍手を導入してみる (2010/09/13)
ブログ王に登録 (2012/01/22)

2010/03/15(月) 15:41:12

現実感のある物語というよりも、夢の世界、詩的な世界の中での出来事といった印象を受けさせるビジュアルノベルです。
選択肢はひとつだけあり、どちらかというとゲーム性よりもストーリーや世界観に重点を置いた作品となっています。

精神世界や暗いゴシック調の雰囲気が特徴で、モノクロームのグラフィックや哀しい旋律のBGMに、独特なテキストの使い方などによって、プレイヤーを夢と現実の区別のつかない世界に惹き込んでくれます。

登場人物も浮世離れしていて、彼らによって作り出される物語は暗くて美しくて哀しくて、最後まで非常に印象に残る作品に仕上がっています。

作者さんのサイト
ZIGZAG


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「夜蝶綺譚(ZIGZAG)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
出発のMARCH(pkorin) (2010/05/07)
残影 -時の調べ- 後編(Studio-Rise) (2008/09/23)
北の森の魔女(AKIRA) (2009/08/31)

2010/03/09(火) 01:37:46

この作品は「エスペランサ」という作品の外伝で、本編である「エスペランサ」はまだ製作中ですが、小説版は作者さんのサイトで読めるようになっています。
背景設定は謎の街に召喚された少年たちがカードによって得た異能力で、プレイヤーとなって殺し合いをするというもので、学園物やバトルファンタジーといった要素を持っている作品です。

女が男にせまるコメディ展開に、良く描かれたキャラが印象的で、作者さんの悪ノリによってニヤリとさせられる場面が随所に出てきます。

会話を中心にスイスイと読み進めることができて、ノベルにありがちな面倒といったものを感じることなく、最初から最後まで楽しくプレイすることができました。

作者さんのサイト
シャボンのタネ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「エスペランサ ** Presente De Natal **(羽風ぽち)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ルーカス(クイーンオセロット) (2012/12/18)
二の舞(Cho-ya) (2008/10/11)
神々のパズル(AS) (2009/12/31)

2010/03/06(土) 10:13:06

創作検索ぶなさ〜ちに登録させていただきました。
ここのブログのような感想サイトでも、問題ないみたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「創作検索ぶなさ〜ち」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
blogpartsにリンク (2007/07/05)
駄文同盟.comに登録 (2010/01/02)
web拍手を導入してみる (2010/09/13)

2010/03/01(月) 01:10:28

以前紹介させていただいた「トイ劇場」の追加シナリオといった作品で、今回もツクールでコントを表現した内容になっています。

ツクールでギャグを単発で表現するには、もうひと工夫必要という印象で、物語の中でタイミングよく配置したほうが、より効果的に笑いを取れたように思います。

作者さんのサイト
トイのツクール工場


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「トイ劇場おまけゲーム「勇者凱旋劇場」(トイ)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
SILENCE DARK(戒斗) (2011/07/03)
花兎(DD-HOST) (2009/01/13)
妖界学怨(お竜) (2008/01/07)