素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2009/12/31(木) 08:38:14

難易度の高い謎解きに良く練られたストーリーが特徴の、インターネットコンテストパーク2001年4月の銀賞を受賞したRPGです。
作者さんは現在では、夜鷹初というハンドルネームで活動されているようです。

パーティに複数のNPCを交代で参加させて、どのNPCを連れているかによって発生するイベントが変わったり、ストーリー進行によってイベントが発生したりと、ゲームとして非常に良く作られていると感じさせられます。
一本道ではなく自由度があり、進め方によっては戦闘バランスがきつくなったりしますが、適度の不親切さがゲームとしての歯ごたえになっていると思いました。
また自作絵らしい主人公の顔グラフィックも、良かったと思います。

文章の意味がわかりにくかったり、移動の魔法が街でしか使えなかったり、入れない居住区があったりと、気になる点はありましたが、全体的には本当に楽しめる作品に仕上がっています。

ダウンロードサイト
ファミ通.com無料ゲーム

作者さんのサイト
Happy Go Lucky


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「神々のパズル(AS)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
猫の森のトラ吉前編(KEDWIN) (2008/01/23)
クック・ドゥ・ドゥル・ドゥー(w-n) (2007/08/20)
黒の時 〜長月〜(NegativeCelcius) (2009/10/24)

2009/12/27(日) 17:51:45

STANG(スタング)とBORNET(ボーネット)が活躍する作品の第四弾で、今回は過去の作品と比べてもギャグのノリが切れに切れています。
特にセリフの使い方が素晴らしく、序盤からいきなり笑わせてくれますね(笑)。

内容は一作目のような推理アドベンチャーで、謎解きの場面は雰囲気のあるものになっています。
他にも行動選択の幅が広く、単なる一本道で終わっていないところがゲームしていると思います。
その選択の幅も大きすぎるということはなく、間違った選択肢を選ぶ不安感を感じることなく、プレイヤーが様々な展開を試すことができるのも、優れた点ではないかと思います。

作者さんのサイト
いきあたりマッタリ−R


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「保安官ラプソディ 〜小さな島の小さな事件(STING)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ラーゼルの風(KOU) (2008/05/03)
Ib(kouri) (2012/08/01)
4号館の事件(INFINITY) (2008/10/27)

2009/12/22(火) 15:38:12

独特のセンスがキラリと光る、第1回ふりーむゲームコンテストで審査員特別賞を受賞した作品です。
ゲームとしてはミニゲームを中心とした、ADV的なRPGとなっています。

他では見られない個性的なギャグやアイデアが散りばめられていて、中にはよくこんなの思いつくなと感心させられたりもしました。

ストーリーはほのぼのとした冒険物で、展開はバラエティに富んでいて、全体的に作者さんが楽しんで作っているのが伝わってくる作品ですね。

気になって点としては雑魚戦闘が単調なのと、ウエイトが少し長いといったところでしょうか。

作者さんのサイト
トイのツクール工場


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「漂流大冒険 〜海賊と黄金のリンゴ〜(トイ)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
森の魔女(ASUKA) (2009/06/20)
FeirenWorldY(木下英一) (2011/11/06)
北の森の魔女(AKIRA) (2009/08/31)

2009/12/20(日) 22:04:25

以前紹介させていただいた「北の森の魔女」の続編的な位置づけの作品で、分岐によって展開が変わる、現代を舞台にしたファンタジービジュアルノベルです。
「北の森の魔女」をプレイした人間としては本当に魅力的な作品で、「なるほど、このように繋がっていたのか」と思わされてしまいました。

セリフが中心の文章は、読みやすくてテンポが良く、キャラの魅力も惹き出していて、全体的に高い技術を感じさせられます。
自作グラフィックはいつもながら素晴らしく、作品の魅力をパワーアップさせていると思います。
謎めいたストーリーも次にどうなるかと期待させられ、最後まで楽しくプレイすることができました。

この作品には「MONOCHROME」に登場したキャラがひとり登場しますが、もしかしたら同一世界観ですべての作品を描いているのかもしれません。

作者さんのサイト
NOSTALGIC GARDEN


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「NOSTALGIC MEMORY(AKIRA)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
The noose(ZIGZAG) (2010/04/05)
third disaster(宮田祐一廊) (2009/05/25)
SHADOW-異界の扉-(七瀬ルキ) (2009/04/03)

2009/12/05(土) 08:49:32

学校を舞台に人との係わりを避けている主人公を中心にストーリーが進む、分岐のないサウンドノベルです。
東京創元社主催のミステリーズ!新人賞の第1回で、最終選考まで残った作品をもとに作られたそうです。

ミステリーズというと文字通りミステリを扱った雑誌ですが、序盤はそういう印象は受けなくて、文学小説を読んでいるように感じました(自分がミステリについてよく知らないだけかもしれません)。
後半の展開を含めて全体的には、オカルトファンタジーと言ってもいい気がします。

テキストはとても読みやすくて、派手さはありませんが、テンポよく進んでいく展開はとても楽しめました。
主人公の孤独でいたい気持ちと、病気の少女を気に掛けてしまう心の葛藤?が面白くて、この辺りは微笑ましいギャグと言ったところでしょうか(笑)。
作品全体としては悲劇的な作品で、振り返りたくない過去と向き合わなければならない場面は、非常に胸を締めつけられました。

気になった点としては、主人公の置かれた位置といったものが、後半になって紐解くようにわかってくるのですが、この辺りは狐につつまれたという心境で、しっくりこないものがありました。
こういうタイプの作品は初めてですが、実験的な作品と言えるかもしれません。

作者さんのサイト
電脳 不在証明


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「蜃気楼の教室(相馬冬)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
BELIEVE it or not(Cho-ya) (2007/07/01)
セブンシア(クイーンオセロット) (2012/10/23)
JuneBride(まきし) (2007/12/18)

2009/12/03(木) 17:27:33

ポップで聴きやすくて美しいオーケストラ風の曲が魅力の、かずみん♪さんのサイトです。
Love&Piece

この方は第5回エンターブレインゲームコンテストの音楽作品部門で、『メリーとジョニーの大冒険』をテーマにした曲で佳作を受賞されている方です。
受賞した曲以外はポップスやピアノソロが多くて、こちらも良い曲が置いてありますが、個人的には受賞した曲が一番好きですね。
譜面が読めないとのことですが、それでもこれだけの曲を作ってしまうのは、やはり音楽が好きならではと思わされます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Love&Piece」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Antique Shop!! (2007/08/07)
ReSound Wave (2013/03/14)
Clear Note (2008/07/03)