素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2009/09/30(水) 16:48:34

田舎に帰郷した少年が別の少年と出会い、山の中で遭難の憂き目にあうといった展開のビジュアルノベルです。
Live Makerの練習用に作成されたとのことですが、そういった要素を感じさせることのない、短編デジタルノベルとしてしっかりとした作品に仕上がっていると思います。

序盤は選択肢が多くは挟まれていて、ゲームとしての要素が出ている印象ですが、後半は2人の登場人物を中心とした物語の要素が強くなっています。
ストーリーも序盤からは予想できない展開となっていて、良い意味でプレイヤーを裏切ってくれる作品でした。

また最後までプレイすると、おまけが見れるようになっています。

作者さんのサイト
NOSTALGIC GARDEN


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「MONOCHROME(AKIRA)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
コモンセンス(三尺寝) (2009/04/11)
Clime of Alice(ぬこぼう) (2011/05/01)
シャドウダンジョン(大誤) (2009/11/15)

2009/09/24(木) 21:54:05

同名の市販漫画があるようですが、ここで紹介する作品はそれとはまったく関係のない、フリーのビジュアルノベルです。
ルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」がモチーフになっていて、この作品も同じように不思議な世界に引き込まれる展開となっています。

メルヘンチックな雰囲気の中に見え隠れするダークな雰囲気が、プレイヤーに良い緊張感を与えてくれ、中盤以降は徐々に深くなっていく闇や急な展開など、物語としてとても楽しめる作品になっています。
辛い現実から目を背けないというテーマも、物語を盛り上げるのにしっかりと組み込まれていると感じさせられました。

選択肢が多く挟まれますが、すべてのルートを読んで50枚の神経衰弱をクリアすると、おまけのシナリオを楽しむことができて、僅かながらではありますが、希望を感じさせるエンドになっています。

ビジュアルには力が入っていて、とても魅力的だと思う反面、やや重く感じる操作性やセリフ枠とテキストが同系統の色を使っているなど、もう少しプレイしやすさを意識してもよかったように感じました。

作者さんのサイト
郷愁花屋


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「東京アリス(ムシロ)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
マヨヒガ(oumi) (2008/07/19)
Tears Legendary Fragment 村とゴブリンと腹ペコ娘(ASUKA) (2009/02/14)
魔王でGo!(STING) (2009/10/08)

2009/09/16(水) 20:47:53

魔族の王子が主人公というストーリー主体のRPGで、魔界や天界といった定番の設定が出てきますが、もともとは共存していた隣人同士という設定で、一般的な設定とはかなり違うものになっています。

マップデザインはしっかりと作られていて、移動に負担がかかるということは感じませんでした。
また設置されているタンスや壷を調べると、アイテムやお金を入手できるようになっています。

戦闘バランスの厳しさや使い勝手の悪い魔法など、システムに関しては少し粗さが目立ったように思います。
また新たに加えた仲間をパーティに組む方法が途中までわからなくて、できればゲーム中に説明がほしかったというのはありますね。
基本的に楽しめる作品ではありますが、作者さんの初期のころの作品ということで、発展途上という印象を受けました。

作者さんのサイト
Ra:SID


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「BELIEVE IN LIGHT...(七瀬ルキ)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
償いの時計(大誤) (2008/06/21)
Shutter Chance3/2(Hiroki) (2008/06/02)
40日40夜の雨(ZIGZAG) (2011/01/24)

2009/09/09(水) 17:47:31

ファンタジー?の世界で起きた殺人事件を描く、RPGツクールVX製ミステリー風アドベンチャーゲームです。
殺人事件と言ってもシリアスなものではなく、全体的にギャグセンスの効いた楽しい作品に仕上がっています。

マップデザインはコンパクトで、キャラクターやイベントがほどよく設置されており、展開も矢継ぎ早に起きてくるので、はやく次の展開を見てみたいと感じさせられます。

ラスト近くにそれまでの謎や仕掛けから犯人を割り出したり、戦闘に有利になるといった要素はありますが、謎はどれも印象に残りやすくて少し考えればわかるものなので、プレイヤーに難問を突きつけるタイプと言うよりは、誰もが楽しめるデザインを意識して作られた作品という印象です。

作者さんのサイト
いきあたりマッタリ−R


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「One Night Panic(STING)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Tears Legendary Fragment 海と海賊と幽霊船(ASUKA) (2009/04/14)
僕らの中のロビンソン(AKIRA) (2009/08/19)
償いの時計(大誤) (2008/06/21)