素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2009/05/25(月) 19:08:43

RPGツクール2000で作られた、モダンホラーADVです。
台風に直撃された町に、黒い幽霊のようなものが現れるところから、物語はスタートしていきます。

雰囲気は雨の日の嫌な感じが良く出ており、中盤以降の黒い幽霊が登場する場面などは背筋がゾクゾクッとさせられ、ホラーの演出は非常に高かったと思います。

ゲームとしては設置されたオブジェクトを調べて、アイテムを入手したり情報を得たりすることによって、展開は進んでいきます。
こういう見下ろし型のADVは作業が面倒なタイプが多いですが、それさえ除けばとても楽しめる作品です。

謎解きは難しいのですが、ヒントは作者さんのサイトの簡単な攻略法しかないので、個人でがんばるしかないでしょう。

作者さんのサイト
plasmabox


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「third disaster(宮田祐一廊)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
You are HERO〜押し付けられし者(STING) (2009/10/31)
チョコ村の魔王(トイ) (2010/01/16)
天雨月都(ukabuhito) (2007/11/25)

2009/05/21(木) 21:50:29

以前紹介させていただいた「light」の外伝的な作品で、前作のRPGとは違って今回は短編ビジュアルノベルとなっています。

本編は不条理な悲劇のデジタル絵本で、それが終わると「light」の後日談的な話や、作者さんのあとがきが読めたりと、おまけも本編に負けないくらいボリュームがあったりします。

前作と同様に魅力を感じる作風は健在で、短いながらも楽しくプレイすることができました。

作者さんのサイト
かずさ堂本舗

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「蒼花の丘(隠岐阿海)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
桜と海〜紅海番外編〜 (七瀬ルキ) (2009/06/08)
マヨヒガ(oumi) (2008/07/19)
third disaster(宮田祐一廊) (2009/05/25)

2009/05/17(日) 12:46:42

長かったシリーズの最後を飾る作品で、序盤で1作目の主人公の記念碑が出てくるのですが、この辺りは感慨深いものがありますね。

多く登場するキャラクターたちの繰り出す独特のノリは健在で、ボリュームのある展開が物語としても楽しませてくれます。

ゲームとしても複雑なことはせずに、負担がかからず飽きの来ない作りが、プレイヤーを楽しませてくれます。

欠点をあげるとすれば、ダンジョンの中がデコボコして移動しにくかったというところでしょうか。

エンディングは2種類あるようですが、シリーズラストを飾る作品としては、考えさせられるものになっていました。
True Endを終えると、作者のあとがきが読めるようになっています。

作者さんのサイト
きのもの!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「フェイレンワールドファイナル(木下英一)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
北の森の魔女(AKIRA) (2009/08/31)
償いの時計(大誤) (2008/06/21)
紅海(七瀬ルキ) (2009/04/26)

2009/05/12(火) 00:00:01

ゲームの家は市販のゲームだけでなく、フリーゲームやCGや同人などを扱ったポータルサイトです。
ここも審査なしで登録できてしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ゲームの家に登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
創作検索ぶなさ〜ち (2010/03/06)
HAMMER X HAMMERに登録 (2009/03/23)
Game of Serchに登録 (2008/11/08)

2009/05/11(月) 07:49:22

Tears Legendary Fragmentシリーズの4作目となる作品です。
今回は通常攻撃が2種類になっているなど、戦闘システムが若干変化しています。
もっとも自分は、使い分けることは少なかったのですが。

過去の作品と同様に楽しい作品に仕上がっていて、特に後半は退屈することなく一気にプレイし終えてしまいました。
プレイヤーをのめり込ませることができるのは、やはりゲームとして素晴らしいと思いますね。

作者さんのサイト
Idler Factory


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Tears Legendary Fragment 正義と悪と呪いの鉄槌(ASUKA)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
蘇りし王朝(YOKO) (2007/09/11)
学校の殺人ピエロ(tobiryu) (2007/10/19)
蒼花の丘(隠岐阿海) (2009/05/21)

2009/05/05(火) 11:45:45

酸性雨とスモッグが満ち溢れる近未来的な世界が舞台のRPGで、貧困層に属する2人組みの少年が、富裕層の少女が倒れているのを助けるところから、物語はスタートしていきます。

退廃的な世界観の中にのどかで明るい雰囲気が出ていて、ビジュアルやBGMの選曲とともに、良い雰囲気が演出されていました。
哀しい境遇にあるキャラクターたちが、希望のない世界で明るく生きていく物語も印象的で、ラストは心に響くものになっています。
またオリジナルのグラフィックも、魅力的で良かったと思います。

操作性はシンプルで、エンカウント率が高いということ以外は、テンポの良い遊びやすい作品になっていて、最後まで一気に楽しむことができました。

作者さんのサイト
かずさ堂本舗

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「light(隠岐阿海)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学校の殺人ピエロ(tobiryu) (2007/10/19)
夜蝶綺譚(ZIGZAG) (2010/03/15)
Tears Legendary Fragment 森と剣と嘘つき妖精(ASUKA) (2009/03/09)