素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2009/03/31(火) 21:05:45

ディレクトリ型検索エンジンdtnに登録しました。
サイトを見た印象から企業が運営しているのかと思いましたが、どうやら個人運営らしいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「dtnに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
DRA-DE-STATIONに登録 (2009/02/25)
検索エンジンに登録 (2007/11/13)
創作検索ぶなさ〜ち (2010/03/06)

2009/03/24(火) 15:13:10

現代を舞台にしたメルヘンSFファンタジーの世界に、ギャグテイスト満載のテキストが炸裂するノベルゲームです。
途中でいくつか選択肢が出てきますが、どれを選ぶかによってによって展開は大きく変わっていきます。
エンディングは全部で三つありますが、そのどれもがトゥルーエンドと言えるもので、自分は全部のエンディングを見てしまいました。

ごくありふれた展開で進んで行くように見せかけて、ぶっ飛んだセリフが当たり前のように飛び出してくるのですが、ハイテンションなノリが本当に笑えますし、それ以上にあっけにとられる展開が非常に面白かったです。
ひとつ間違えれば白けてしまうテンションですが、そういったものをほとんど感じさせることなく、最後まで楽しくプレイできるのは凄いですね。
作者さんの文章力とセンスがあればこそではないかと思います。

後半は緊張感のあるドラマチックな展開が待っていて、物語としても感動的な作品に仕上がっていると思います。

作者さんのサイト
飼育小屋製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「兎の輪舞(飼育係)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
冒険者の道(Mor) (2009/08/25)
アルモアの星(トド) (2008/04/25)
妖界学怨(お竜) (2008/01/07)

2009/03/23(月) 00:17:40

HAMMER X HAMMERは漫画のパロディなどではなく(笑)、創作系のポータルサイトです。
見たところ、掲示板が充実しているのが特徴のようですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「HAMMER X HAMMERに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ホームページランキングに登録 (2012/12/01)
忘れたころに検索エンジン (2008/02/29)
Gamers LiNKSに登録 (2007/10/06)

2009/03/20(金) 17:03:40

フェイレンワールド外伝の第2作で、テックウィンコンテストパークの2004年3月号で銅賞を受賞した作品でもあります。
今回の主人公はフェイレンワールド3に登場した、うさ耳娘のティルエスとスウィンとなっています。

過去のオーソドックスなスタイルと違って、システムや演出面に力が入っていて、ストーリー性よりもダンジョン攻略とボス戦をステージごとにクリアしていくことがメインになります。

今回は中ボスのとぼけたセリフが、特に良い味を出していました。

エンディングを迎えたあと、強さを維持して最初からプレイするかどうか聞いてくるのですが、再プレイするを選ぶとリッシアが主人公のサブシナリオを遊べるようになっています。

作者さんのサイト
きのもの!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「フェイレンワールドアナザーせかんど(木下英一)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
二の舞(Cho-ya) (2008/10/11)
兎の輪舞(飼育係) (2009/03/24)
ラーゼルの風(KOU) (2008/05/03)

2009/03/10(火) 20:11:55

過去に書いた記事を読み直すと、文章がひどいと感じることが多いので、最近ちょこちょこと書き直しています。
表現方法は少し変化していますが、基本的に内容は変わってはいません。
やはり最初のころは手探りで書き始めたというのがあったので、読み返してみると粗は目立ちますね。
他にも体調の問題から頭の回転が鈍っていて、それが影響を与えていたということありましたけどね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ちょこちょこと修正しています」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
もう宣伝広告が! (2007/06/28)
Pingの一括配信 (2008/04/22)
自分しか見えない? (2007/12/26)

2009/03/09(月) 21:33:37

連作短編ファンタジーRPGの第2弾で、今回は伝説の剣を求めて森を探索することになります。
ダンジョン(森)がメインとなりますが、設置されたイベントや展開が魅力的で、全体的にとても楽しむことができました。

短編ということになっていますが、短いエピソードの中にボリュームが詰め込まれていますので、作者さんの実力は十分感じさせられる内容になっています。

作者さんのサイト
Idler Factory


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Tears Legendary Fragment 森と剣と嘘つき妖精(ASUKA)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Labyrinth Star(砂川赳) (2012/11/12)
冒険者の道(Mor) (2009/08/25)
こいわたり、さやさや(三上朔知) (2009/08/07)