素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2008/06/02(月) 21:10:45

写真を写すことに魅せられたお化けが主人公という一風変わった、コンパクWeb2006 AUTUMNで銀賞を受賞されたRPG作品です。

ゲームとしては街の中にある被写体を自由気ままに写しながら、時には舞い込んでくる依頼をこなし、少しずつ写真屋としての知名度を上げていくというのが基本となっています。

ひとつひとつの仕事を順番にクリアしていく、ミッションクリア型と言っていいタイプの作品だと思いますが、設置されているイベントが非常にアイデア豊富で遊びやすくて個性あふれるものとなっています。
序盤はただ写真を写すだけの展開のため、少し退屈に感じてしまったのですが、いくつか仕事をこなすようになってからは、本当に楽しくなっていきました。
写真を写すこと自体におもしろさを感じるというよりも、様々なイベントをクリアしていった上で、ミッションをやりとげる(写真を写す)ところがおもしろかったですね。

街全体のデザインもプレイヤーに負担のかからない広さで、タイミングよくイベントが発生するといったところも素晴らしいです。
物語展開やNPCとの触れ合いもハートフルで、ラストの展開は涙を誘うものになっています。
キャラのセリフも個性的でおもしろく、作品の持つ雰囲気も楽しさが伝わってくるものになっていて、全体的に作者さんのセンスを感じる作品に仕上がっていると思います。

作者さんのページ
いぬじゃらし

攻略のページ
ゲーム攻略地帯


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Shutter Chance3/2(Hiroki)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
リバースサガ(大誤) (2008/05/23)
時のイタズラ(Color) (2009/11/19)
マキコー姫と二つの塔(PIRE) (2008/04/17)