素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2008/06/27(金) 22:39:41

ここのブログも始めてから、一年が経ってしまいました。
最初のころは自分しか見ていない状態でしたが、徐々に人も増えて、一番多い時でユニーク数が41だったかな。
多少波はあったものの、順調に訪問者数は伸びていたのですが、最近になってどういうわけか一桁台に戻ってしまいまして。
いくつかの要因が重なったためだと思うのですが、一番の要因はGoogle検索の上位にヒットしなくなったことのように思います。
もともとGoogleではヒットしてYahooではヒットしていなかったのですが、これまたどういうわけか逆になってきていますね。
要因は色々とあるんでしょうけど、まあ数字を気にせずのんびりとやれということなんでしょうか(笑)。
さて一年後はどうなっているでしょう。

本当はオンライン小説やウェブ漫画も紹介したかったのですが、どうしてもフリーゲームが中心となってしまって、この辺りも修正していきたいのですが、果たしてどうなることやら。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「早いもので一周年」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
JapanBlogAward2008に応募してみる (2008/01/31)
検索すると上位にくる (2007/11/26)
ブログ移転のお知らせ (2013/10/01)

2008/06/21(土) 10:56:50

時間を巻き戻す力を手に入れたストーカーが主人公という、一風変わったADVで、好きな女性を殺してしまった悲劇を繰り返さないように、ひたすら時間を巻き戻し続けるという作品です。

序盤の展開はプレイヤーを引き込む力を持っていて、この辺りの演出力、表現力は高く、全体的に効果音の使い方が雰囲気を盛り上げていました。
さすがにストーカーが主人公の作品だけあって、ショッキングな場面も中には含まれています。

操作方法は説明がなくてわかりにくく、セーブもできないため、慣れないうちは取っ付きにくさを感じてしまうかもしれません。
エンディングは主人公がいくつかの独白する場面へ辿り着くことによってフラグが立ち、真のエンディングに辿り着けるルートへ進めるようになっています。
主人公が「償いをしたい」というセリフが出てくるまでは、様々なパターンを試して道を探っていくことになり、それによって最後に主人公が新たな道へ踏み出していくことができるようになります。

作者さんのページ
俺の城

攻略のページ
-AVG- 償いの時計


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「償いの時計(大誤)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
シャドウダンジョン(大誤) (2009/11/15)
マキコー姫と二つの塔(PIRE) (2008/04/17)
FeirenWorldY(木下英一) (2011/11/06)

2008/06/19(木) 21:08:25

最近検索エンジンに登録してばかりのような気がしますが、今回もまたホームページ作成登録という検索エンジンに登録しました。

やはりこういったサイトに登録するとSEO対策ということで、Googleでの検索で上位に表示されるようになってきたような気がします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「またまた検索エンジンに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ゲームの家に登録 (2009/05/12)
ユアサーチに登録 (2008/06/08)
web拍手を導入してみる (2010/09/13)

2008/06/18(水) 08:07:55

ようやくFirefox3がリリースされたので、さっそくダウンロードして使ってみました。
前バージョンと比較すると三倍速度が上がっているとのことですが、確かに表示は速くなっているように感じますね。

一番の関心事は何といっても、フラッシュを使っているサイトを訪れてもブラウザが落ちたりしないかということでしたが、きちんと問題はクリアされていました。
これによってFirefoxユーザーが増えていく可能性は、ますます大きくなったんじゃないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Firefox3ダウンロード」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Gratzer Sound Station (2007/06/29)
フリーのMIDIシーケンサーの一覧 (2010/11/07)
スクリーンキャプチャー (2010/01/13)

2008/06/16(月) 17:03:12

舞台は戦時中の日本で、過去の記憶のない少年と言葉をしゃべらない少女の、遠い日の切ない思い出を扱った物語です。

ゲーム性のないビジュアルノベルですが、文章は読みやすくてテンポが良いので、遊びやすい作品に仕上がっていますね。

生活感あふれる日常的な世界が魅力的に表現されていて、それに加えて過去の記憶が抜け落ちているという謎めいた展開がアクセントになっていると感じました。
全体的には切なさを感じさせる作品ですが、ラストの心暖まる展開にはホッとさせられますね。
作品全体の素朴な雰囲気も良い感じです。

最後まで楽しんでプレイできましたが、エンディングを迎えると作者の後記が読めるようになっています。

ベクターのページ


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「向日葵の少女(如月弥生)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
WhiteRequiem(松本春懶) (2007/11/06)
クック・ドゥ・ドゥル・ドゥー(w-n) (2007/08/20)
Labyrinth Star(砂川赳) (2012/11/12)

2008/06/11(水) 10:51:07

古いMIDIファイルをダウンロードさせていただくと、たまに拡張子がRCP、R36、G36といったファイルがあることがありますが、これはレコンポーザという老舗のシーケンスソフト専用ファイルで、今ままではSinger Song Writer Liteを使ってスタンダードMIDIファイルに変換していたのですが、最近起動しようと思ったらエラーが出て動かない(涙)。

というわけでこれからはRCP2MIDというフリーソフトを使って、変換させていただくことにしました。
このソフトを使うためにはRCPCV.DLLが必要となりますが、RCP2MIDと同じフォルダにRCPCV.DLLをコピーするだけで使えるようになりますので、そんなに難しいことはないです。
もちろんWindowsフォルダにコピーしても、同じように使えるそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「RCPをSMFに変換」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ResoShifter (2007/07/19)
ブラウザを変更してみる (2009/07/11)
一番使っている音楽プレーヤー (2009/11/07)

2008/06/10(火) 07:56:25

Tint Searchはクリエイターのためのポータルサイトですが、低年齢者に対してのサポートもするということで、登録者には小学生や中学生が多いのかもしれません。


扱っているカテゴリはゲームや漫画や音楽など、マルチメディアとなっていますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Tint Searchに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ゲームの家に登録 (2009/05/12)
ゲーム支援Searchに登録 (2008/03/23)
SHINKA.Netに登録 (2007/07/27)

2008/06/08(日) 13:16:19

ユアサーチという登録型検索エンジンに登録しました。

検索エンジンの登録は時間がかかったり、いつになるかわからなかったりするのですが、ここは何日に登録しますと教えてくれるので、助かりますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ユアサーチに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ホームページランキングに登録 (2012/12/01)
j-Rankingに登録 (2008/05/26)
創作検索ぶなさ〜ち (2010/03/06)

2008/06/02(月) 21:10:45

写真を写すことに魅せられたお化けが主人公という一風変わった、コンパクWeb2006 AUTUMNで銀賞を受賞されたRPG作品です。

ゲームとしては街の中にある被写体を自由気ままに写しながら、時には舞い込んでくる依頼をこなし、少しずつ写真屋としての知名度を上げていくというのが基本となっています。

ひとつひとつの仕事を順番にクリアしていく、ミッションクリア型と言っていいタイプの作品だと思いますが、設置されているイベントが非常にアイデア豊富で遊びやすくて個性あふれるものとなっています。
序盤はただ写真を写すだけの展開のため、少し退屈に感じてしまったのですが、いくつか仕事をこなすようになってからは、本当に楽しくなっていきました。
写真を写すこと自体におもしろさを感じるというよりも、様々なイベントをクリアしていった上で、ミッションをやりとげる(写真を写す)ところがおもしろかったですね。

街全体のデザインもプレイヤーに負担のかからない広さで、タイミングよくイベントが発生するといったところも素晴らしいです。
物語展開やNPCとの触れ合いもハートフルで、ラストの展開は涙を誘うものになっています。
キャラのセリフも個性的でおもしろく、作品の持つ雰囲気も楽しさが伝わってくるものになっていて、全体的に作者さんのセンスを感じる作品に仕上がっていると思います。

作者さんのページ
いぬじゃらし

攻略のページ
ゲーム攻略地帯


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Shutter Chance3/2(Hiroki)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学校の殺人ピエロ(tobiryu) (2007/10/19)
フェイレンワールド3(木下英一) (2008/11/20)
おはなし(oumi) (2010/02/21)