素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2008/05/30(金) 08:16:23

みんなdeクエスト芯海の楽園はスクウェア・エニックスが運営する、広告費用で成り立つ無料の携帯用RPGで(現在はi-modeとEZwebに対応)、PBW(プレイバイウェブ)と呼ばれるジャンルのゲームになるかと思います。

遊んだ印象としては、ディズニーランドのような世界で様々なアトラクションを楽しむといった感覚に近いものがありますね。
ゲームをスタートさせるためには、まず登録のためのメールを送り、自分の分身となるPCを作成することから始めます。

基本的なゲームの流れとしては、ゲームブックやADVのように「行動選択」をして、取った行動がどのように反映されたか「前回結果」を見て、また次の「行動選択」をして冒険が進んでいくという形式になります。
メールプレイングゲームの名の通り、結果はメールで知らせてくれるのですが、メールで送られてくるよりも早くウェブで結果を見ることができますので、次の行動をはやく取りたい人はウェブをチェックするといいと思います。

行動を選択する以外にも期間限定のイベントが発生したり、仲間を集めて行動したり、「商店」で武器などを購入したり、ペットを飼ったりと、様々な行動を取ることができますが、いきなりすべてを覚えるのは無理でしょう。
とりあえず「行動選択」と「前回結果」のふたつのメニューさえ覚えておけば、ゲームは進めていくことができますから、他のメニューは遊びながら覚えていった方がいいんじゃないかと思います。

このゲームとは別に、みんなdeクエスト〜虹色の夜と幻の月〜というパソコン上で遊べるゲームもあり、こちらは月額300円となっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「みんなdeクエスト芯海の楽園」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
キャプテン翼〜つくろうドリームチーム〜 (2011/05/24)
ソードワールドPC (2009/04/30)
みんなdeクエスト 那由多の道と異界の扉 (2012/02/12)

2008/05/26(月) 15:38:23

j-Rankingというポータルサイトに登録しました。


登録の仕方がわかりにくくて(有料しかないのかと思ってしまった)、どうすればいいのか迷ってしまいましたが、何とか登録することができました。
ここのサイトはブログの登録数が、まだまだ少ないようです。

ここで登録すると、「VILLAシステム」のリンク集の設置してある複数のサイトにも同時に登録されるとのことですが、どこのサイトが設置しているかは書いていないみたいです。
自分のブログがどこからリンクされているかは、やっぱり気なりますよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「j-Rankingに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブログ王に登録 (2012/01/22)
マジカルステーションに登録 (2010/01/21)
URLが変更になるらしい (2009/01/16)

2008/05/23(金) 04:53:26

Delphiというプログラミング言語で作成されたRPGで、バグは目立つものの、全体的には非常によく作られていると感じさせられる、本格的なファンタジー作品です。
ロマンシングサガをモチーフにしたとのことですが、ドット絵や技のひらめきなどはまさにロマサガのスタイルで、作者さんのロマサガ好きが伝わってきますね。
もちろんロマサガを知らない人でも、ひとつのクオリティの高い作品として十分楽しめる内容になっています。

この作品の一番の特徴は、何といっても戦闘がかっこよくておもしろいことですね。
RPGの戦闘はダラダラと作業のようになってしまうことが珍しくないのですが、この作品はシステムや演出やエンカウント率など、全体の設計が本当にプレイヤーを楽しませるものになっています。

世界観もアニメ的なものではなく、中世ヨーロッパを感じさせるリアルでハードなものとなっていて、グラフィックも重厚で良い雰囲気を醸し出していました。
主人公やその仲間も、昔の中国に登場する剣客といった印象ですね。

ちなみに最近ではフリーソフトとして、Turbo Delphiが無料で配布されていますので、興味のある人はこちらを参考にしてみればいいかと思います。
プログラミング言語なんて、一昔前までは数万円もしたんですけど、時代が変わりましたね。

俺の城


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「リバースサガ(大誤)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
黒の時 〜霜月〜(NegativeCelcius) (2010/02/12)
猫の森のトラ吉後編(KEDWIN) (2008/02/20)
オシチヤ(oumi) (2008/08/06)

2008/05/19(月) 16:20:17

RPGツクール2003でレトロゲームを作り上げたと言える作品で、昔はこういう2Dダンジョンタイプのゲームが、ファミコンやMSXなどでありました。

アクションRPGにパズルというのが基本で、アイデア豊富な仕掛けやコミカルな雰囲気や遊びやすいダンジョンなど、プレイヤーが飽きずに遊べるようにデザインされています。

美麗なグラフィックやスケールの大きいサウンドといったものはありませんが、ゲームとしてのおもしろさが凝縮された作品だと思います。

謎解きは難しい部類だと思いますが、わからなければ作者さんのサイトの、攻略用の掲示板を見るといいでしょう。

作者さんのサイト
KameKameQ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「カメQクエスト(PIRE)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
グロウスオブソーズ(水鏡幻姿) (2011/03/08)
フェイレンワールドファイナル(木下英一) (2009/05/17)
メッセージ(如月弥生) (2008/07/17)

2008/05/15(木) 09:07:28

BlogPeopleというブログポータルサイトに登録しました。


ここはトラックバックや他のブログをレビューしたり逆にしてもらったりと、様々な機能が付いているようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「BlogPeopleに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ゲームと趣味の検索サイト (2008/09/29)
ゲームの家に登録 (2009/05/12)
URLが変更になるらしい (2009/01/16)

2008/05/12(月) 19:10:49

RPGツクールXPで作られた、なぜか人語を理解して家の中に住んでいる六本足の野牛と、一人の女性との交流を中心とした作品で、画面のデザインはRPGのマップで作られていますが、ゲームとしてはやはりADVと言っていい作品ではないかと思います。

全体的にはコミカルなノリで展開が進んでいきますが、夢と現実を行き来して、本来の自分の生き方を見つけ出すといった物語でもあり、夢の中の情景はしんみりとして幻想的な世界が描かれています。
夢と現実というテーマの描き方も、非常に印象に残る作品でした。
使われている曲も、作品の魅力をアップさせていたように感じます。

BangBang U


ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「美女と野牛(松あきの)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
セラ 〜ある少女の物語〜(YOKO) (2007/10/13)
森の魔女(ASUKA) (2009/06/20)
third disaster(宮田祐一廊) (2009/05/25)

2008/05/08(木) 22:35:53

主人公が意中の女性をゲットするという恋愛アドベンチャーのシステムに、ホラーゲームの雰囲気が合わさったサウンドノベルで、全体的にはホラーとしての要素が強い作品です。

システムとしては途中の選択肢でどれを選ぶかによって、恋愛値といったポイントが変化し、到達するエンディングに影響を与えるという、アドベンチャーゲームで見かけるシステムを取っています。

物語や雰囲気としては背筋がゾクッとする展開はあるものの、そんなに怖さは感じなかったのですが、全体的な構成がしっかりとしていますので、ひとつのサウンドノベルとして楽しむことができました。

それなりに難しい作品なので、クリアできなければ作者さんのサイトの攻略法を見るといいでしょう。

零式改.com


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Bisque Doll(U.C)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
FAKE(ASUKA) (2009/06/11)
チョコ村の魔王(トイ) (2010/01/16)
送電塔のミメイ(里見しば) (2008/03/31)

2008/05/05(月) 10:19:24

雪の降り注ぐ無国籍風の街が舞台になっている、ゲーム性のないビジュアルノベル作品です。
悲しい記憶に苛まれる人が送り込まれるこの街で、記憶を消す封士という仕事をこなす青年と、記憶を消してもらうために街を訪れた少女の交流が中心となって展開していきます。

ビジュアル面はかなり力が入っていて、オープニングのアニメは見ごたえのあるもになっています。
また登場人物のしぐさや心理描写などがきめ細かく表現されており、そのため笑ったりうろたえたりと生き生きしている姿が、目に浮かぶようにイメージすることができます。

物語は情緒豊かで落ちついた雰囲気の中で進んで行きますが、ラストのそれまでの流れをひっくり返す展開も、非常に良いものがありますね。
緊迫した展開も日常的な風景も、さらには人の心の奥深い面も高いレベルで表現されている作品だと思います。

TRUE REMEMBRANCE


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「TRUE REMEMBRANCE(里見しば)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
花兎(DD-HOST) (2009/01/13)
猫の森のトラ吉後編(KEDWIN) (2008/02/20)
天雨月都(ukabuhito) (2007/11/25)

2008/05/03(土) 08:52:54

RPGツクール95で作られた、ロマンスの香りの漂うストーリー主体のRPGで、テックウィン2003年1月号のコンテストパークで金賞を受賞をされている作品です。

物語は目の前の苦しんでいる者に対して、傍観者としてしか生きられなかった風の精霊が、人間になれたことによって自ら主体性を持って生きていくといった内容になっています。
作者によればFairy Tale(おとぎ話)を目指したとのことですが、人物や社会の背景設定も良く描かれていますので、単なるおとぎ話では終わっていませんね。
街の住民などは全員名前が付けられていて、それぞれの人生を感じさせる会話になっており、この辺りもよく作られていると感じさせられました。

作成に使われているツールが古いものなのでなので、移動時のスクロールが遅いのはどうしても気になりますが、全体的には落ちついた雰囲気で良いリズムで展開していきますので、辛さのようなものはあまり感じませんでした。
ただデザイン的に、森の中の移動は少し面倒に感じましたけどね。

全体的な印象としては、ゲームとしては少し粗さはありますが、物語としては心を打つ作品といったところです。
特に後半のドラマチックな展開は非常に盛り上がりを見せていて、場面によっては不覚にも目がウルウルきちゃいましたよ(笑)。

ベクターのページ


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ラーゼルの風(KOU)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
SWORD?マーヴの逆襲(じんちゅー) (2008/08/27)
鴉Aの哀れな断頭台(ZIGZAG) (2010/06/04)
猫の森のトラ吉後編(KEDWIN) (2008/02/20)