素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2008/03/31(月) 07:50:27

タイトルにあるように送電塔が出てくるので、現代を舞台にした作品なのかと思いましたが、どうやら明治か大正か昭和初期の時代を舞台にした作品のようで、コゴリ鬼という妖魔を退治する男女2人を中心とした、伝奇的なビジュアルノベル作品です。

登場人物のさりげない仕草や心理描写や生い立ちなど、きめ細かい表現が印象的で、一人一人に生命が吹き込まれていると思いました。
また暗くて哀しい日本的な美しい情景などの描写も目を見張るものがあり、登場人物の描写と相まって、作者の描く魅力的な世界が見事に表現されています。
また自作絵も非常に良く、作品の魅力に一役買っていますね。
ストーリーも緊張感あふれる展開や、登場人物の悲哀、複線の張り方や意外性の展開など、最初から最後までプレイヤーを作品の中に引き込んでくれます。

ゲーム性はありませんが、ひとつの物語として素晴らしいと思える作品でした。

TRUE REMEMBRANCE


ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「送電塔のミメイ(里見しば)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Tears Legendary Fragment 花と鎧と涙酒(ASUKA) (2013/07/17)
ロマンピースを探して(ノリ) (2012/04/21)
零からゼロへ-Divergence-(羽風ぽち) (2010/08/29)

2008/03/26(水) 14:16:43

先日、半年ぶりぐらいにデフラグを使いました。
ファイルの書き込みや削除を繰り返すと、ファイルが細分化されてパソコンの処理速度が遅くなるということで、それを解消するためのウィンドウズ付属ソフトがデフラグなわけですが、最近はHDの大容量化に伴って、デフラグを終了させるのにえらく時間がかかるようになって、自分の環境だと7時間ぐらいかかりました。
そんなわけでデフラグを使うときは、自動的にパソコンをシャットダウンしてくれるソフトが必需品となりまして、自分はBefore Power Offというソフトを使っています。

このソフトを使えばデフラグを実行したまま出かけたり寝てしまっても、デフラグが終了したら勝手にパソコンの電源を切ってくれるので便利ですね。
ちなみにデフラグはハードディスクの寿命を縮めるらしいので、処理速度が気にならなければ使うのは控えています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「BPOでデフラグ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
フリーのアンチウイルスソフトを導入してみる (2007/08/28)
caldixで様々な圧縮ソフトを試す (2007/07/17)
Acrobat Readerはもういらない? (2007/09/20)

2008/03/23(日) 17:48:34

ゲーム支援Searchというその名の通り、ゲーム製作者のためのポータルサイトに登録しました。
登録したカテゴリーは「ゲーマー支援」の「攻略・レビュー」です。

ここのサイトはゲーム製作のためのツールや素材や、メンバーを募集するためのサイトなどのリンクが豊富なので、ゲーム製作をされている方は、一度ぐらい訪れてみても損はないと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ゲーム支援Searchに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ツイッターを始めてみました (2010/01/26)
DRA-DE-STATIONに登録 (2009/02/25)
サーチエンジン天晴.comに登録 (2009/02/20)

2008/03/17(月) 16:05:40

今回で三作目となるシリーズ物ですが、今回はサウンドノベルというよりも、テキストベースのアドベンチャーゲームという印象を受ける作品でした。
またこの作者さんの作品はいつもながら、序盤からプレイヤーを引き込む展開になっていますので、プレイ時間が短い作品ということもあって、最後まで一気に楽しむことができました。
演出や文章や登場人物の描写といった技術面などは、過去の作品と比べると洗練されていると思います。

前作と比べるとそんなに難しい作品ではないので、自分は一回死んだだけでBEST ENDに到達することができました。
またゲームをクリアすると、おまけが見れるようになっています。

サカサ工場


ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「SUPERSTITION 〜機械仕掛けの物語〜(かやぎん)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
夜蝶綺譚(ZIGZAG) (2010/03/15)
Tears Legendary Fragment 花と鎧と涙酒(ASUKA) (2013/07/17)
幻夜の女剣士(鞍腱) (2008/12/22)

2008/03/11(火) 13:15:01

ここのブログを始めた頃の感想を読み返すと、辛口だったりべた誉めだったりと、極端だなと(笑)。
やはり感想というのは書くときや作品をプレイするときの気分によって左右されますし、前後にプレイした作品の影響もあったりもしますので、違う日に書けば内容も微妙に変わってくるでしょうね。
また欠点はあるけど突出した長所を持つタイプの作品もあれば、ある程度のレベルで安定したタイプの作品もありますので、問題点を指摘する箇所が合ったとしても、その作品のクオリティ全般を否定するものでは決してないです。

そんなわけで、ここで紹介させていただいた作品は自分が楽しめたものばかりなので、間違いなくすべて"おすすめ作品”ということですね。
あとは個人の嗜好に合うか否かということになるでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「感想は気分に左右される」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
JapanBlogAward2008に応募してみる (2008/01/31)
100の大台に到達 (2009/07/28)
二次選考までだったようで (2008/02/27)