素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2007/12/26(水) 07:48:26

ブログスカウターを導入したときに、バナーリンクにスカウターを張ってあると書いたのですが、IEで見てみると表示されていない……。
ということは登録するときに使っていたFirefoxでしか見れない?
つまり自分以外の人には見れていないということですか。

そういう仕組みだったのね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「自分しか見えない?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pingの一括配信 (2008/04/22)
感想は気分に左右される (2008/03/11)
ちょこちょこと修正しています (2009/03/10)

2007/12/20(木) 10:06:02

にほんブログ村というサイトに登録してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

単なるランキングサイトというだけではなく、コミュニティサイトとしての機能も持ち合わせているようです。
そちらを利用するかはわかりませんけどね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「サイトに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Tint Searchに登録 (2008/06/10)
検索エンジンに登録 (2007/11/13)
FC2ブログランキングに登録 (2007/08/06)

2007/12/18(火) 08:09:53

作者曰く、ホラー系サバイバルアドベンチャーとのことで、恐怖を前面に押し出した作品というよりは、冒険的な要素が強いサウンドノベル作品です。
恐怖で背筋がゾクゾクするという感覚はあまり感じませんでしたが、身に危険を感じる緊張感というものは伝わってきますね。
他にもヒューマンドラマ的な要素などもあり、ホラーとしてよりもひとつの物語として楽しむことができました。
やや無理がある展開や解明されない謎など、気になる部分はありますが、その辺りは些細な部分だと思います。

選択肢とエンディングは非常に多いですが、こういったタイプの作品としては、比較的簡単な部類ではないかと思います。
作者さんのサイトには攻略法がありますので、わからない場合はそちらを見るといいでしょう。

June Bride公式ホームページ


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「JuneBride(まきし)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
トイ劇場おまけゲーム「勇者凱旋劇場」(トイ) (2010/03/01)
神々のパズル(AS) (2009/12/31)
4号館物語外伝(AZN−WIND) (2008/11/26)

2007/12/14(金) 07:57:16

フュージョン、プログレ、メタルサウンドが融合したメロディアスな曲が素晴らしい、Martinさんのサイトです。
Pineforest Center

とにかくここの曲は、ノリとリズムが滅茶苦茶かっこいい。
メロディーセンスも素晴らしく、全体的にハイクオリティなサウンドを堪能できます。
ヤマハのXG SOUND WORLDで「Extreme Trial -The Galaxy Overture-」という曲が、2002年度のオーディエンス賞と審査員特別賞を受賞されていますが、2003年以降に発表されている曲は、それに輪をかけて良くなっているように思います。
ていうか年々レベルアップをして、凄い曲を発表されていますね。
そんなわけで個人的には、新しい曲から先に聴かせてもらうのがお勧めだったりします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Pineforest Center」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
in the blue (2012/07/15)
Perfect Vanity (2007/07/06)
Rosemarry* (2007/08/15)

2007/12/10(月) 13:59:19

コミカルタッチの展開に素晴らしいドラマ性を持った、廃刊となったテックウィンという雑誌の2004年2月号のコンテストパークで、銅賞を受賞されたファンタジーRPGです。
またこの作品は「legend of Royal−幻の宮殿−」という作品の続編で、ストーリーの繋がりはありませんが、こちらを先にプレイした方がいいかもしれません。

作品全体の雰囲気はほのぼのとしていて、フレディアを始めとする魅力的なキャラクターたちの織り成す物語や、それを表現する高い演出力は素晴らしいと感じさせられます。
またラストで回収されていく伏線と大どんでん返しは、見事だと思いました。

戦闘バランスが厳しいのと、一部のダンジョンやフィールドの移動距離が長いという側面はありますが、全体的には遊びやすい作品になっていると思います。
フレディアの登場する作品はこの作品を含めて二つだけですが、プレイし終わったあとは、彼女の冒険が終わってしまうのは寂しい、もっと見たいという気持ちにさせられました。

ダウンロードサイト
ベクターのページ

作者さんのサイト
心はいつも冒険少年

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「フレディアの冒険 −セレノスの杖−(トド)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
フェイレンワールドファイナル(木下英一) (2009/05/17)
You are HERO〜押し付けられし者(STING) (2009/10/31)
セブンシア(クイーンオセロット) (2012/10/23)

2007/12/08(土) 07:51:33

以前の記事でウィンドウモードでしか遊べないフリーゲームを、フルスクリーンにするソフトを紹介しましたが、WindowsXPにはディスプレイ設定というのがありまして。
ゲームの実行ファイルを右クリックして、互換性のタブを開くと、ファイルを実行するときに640×480の解像度で実行する項目があるので、そこをチェックしておくとゲームを実行するときに自動的に640×480の画面に切り替わります。
もちろんゲームを終了させれば、自動的にもとに戻ります。

他にも互換モードというのがあって、Windows98などで動いてXPで動かなかったソフトを、互換モードにチェックをいれて実行すれば動く場合もあるかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「XPの互換モード」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
OSを変えたらデザインが・・・・・・ (2007/08/27)
トラックバックを考え中 (2008/04/10)
二次選考までだったようで (2008/02/27)

2007/12/02(日) 11:41:12

圧縮・解凍にはNoahというソフトを使っています。
操作性としては+LhacaやLaplusなどのDLL不要ソフトとほとんど同じで、圧縮はドラッグ&ドロップ、解凍はダブルクリックかドラッグ&ドロップとなります。

圧縮・解凍先は元のファイルと同じ場所か、あらかじめ指定した先のどちらかで、圧縮・解凍するたびに場所を指定することはできないようです。
もっともこの辺りは、そんなに不便に感じてはいませんが。

解凍する時に作成されるフォルダについても、色々と設定することができます。

複数ファイルの一括解凍もメモリの消費は少ないので、自分の環境ではスムーズに作動しました。

複数ファイルの圧縮は、普通に圧縮するとひとつのファイルに収められますが、Altキーを押しながらドラッグ&ドロップすれば、ファイルを個別に圧縮することができます。

またCtrlキーを押しながら圧縮ファイルをダブルクリックかドラッグ&ドロップすると、解凍せずに中身を見ることができます。

Ctrlキーを押しながら圧縮すると、自己解凍形式のファイルを作ることができます。

自分は圧縮形式はCABを使っているのですが、同じCABでもMSZIPかLZX21と選べるようになっています。
とりあえずMIDIファイルをひとつ、それぞれの形式で圧縮してみたところ、LZX21の方が軽くなりました。

このソフトの一番の特徴は、GCAや7Zといったマイナーな形式に対応していることで、そういった形式を使う人には重宝されるのではないかと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「使っている圧縮・解凍ソフト」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スクリーンキャプチャー (2010/01/13)
Firefoxにチェンジ (2007/07/08)
Gratzer Sound Station (2007/06/29)