素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2013/05/16(木) 18:18:53

この記事を書いている時点で460万ダウンロードを記録しているスマートフォンの無料漫画アプリで、その実績からプロの漫画家によるマガジンSPECIALでの連載に結びついた作品です。
ラッキーボーイ

超能力を持つ主人公とアンラッキーガールと呼ばれて忌み嫌われてる女子生徒のふたりを中心に、学園生活を通して人を好きになることや生きることの意味などがテーマとして扱われています。
中盤からはサスペンスの要素が強くなり、この辺りから読み手を引き込む力がぐっと強くなっていきます。

またラッキーな主人公と不幸を撒き散らす少女のパワーがどのような反応を起こしていくのかというのも、ひとつの見所になっていたと思います。
用意されている伏線が後半に紐解かれていくストーリーラインもしっかりとしていて、最後まで楽しく読むことができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「『ラッキーボーイ』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『中国嫁日記』 (2010/10/21)
『エインガルドの傭兵達』 (2012/09/07)
『サウス烏山商店街落談』 (2010/12/18)

2012/09/07(金) 21:40:17

ゴブリンやトロールが登場する、ファンタジーRPGの世界観の影響を受けたWebコミックです。
派手な魔法などは登場せず、迫力のある肉弾戦を中心に描かれた作品となっています。

ストーリーは主人公が自分の弱さと向き合いながら、傭兵として生きていくというものになっていて、今のところわずか二話で終わってしまっている状態ですが、その後の主人公やその仲間たちがどのような活躍をしていくのか、続編が描かれることがあれば是非読ませていただきたいと思える作品です。

作者さんのサイト
八番街
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「『エインガルドの傭兵達』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『ラッキーボーイ』 (2013/05/16)
『中国嫁日記』 (2010/10/21)
『宇宙戦艦ヤマト(聖悠紀版)』 (2012/05/03)

2012/06/01(金) 08:27:47

現在では絶版となっている作品が無料で読めるJコミというサイトで公開されている、岡本慶子さんの描いた少女漫画です。
Jコミのページ
夢幻パトローラーYUZU
作者さんのサイト
LOVE & CLASSIC

物語はドジでお調子者の中学生の主人公が、夢幻界という魔法が主流の世界に召喚されて、さまざまな事件にバレエで鍛えた技と通常よりもパワーアップした身体能力で挑むというものですが、少女漫画らしい恋愛を中心に、魅力あふれるキャラクターたちのかわいらしくてコミカルなやり取りがとても楽しい作品です。

異世界ファンタジーのお約束な展開も楽しいですし、キャラクターたちの生きる世界も奥行きを感じさせられますし、絵も魅力的で読みやすいしと、多方面にわたってレベルの高いコンパクトにまとまった作品だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「『夢幻パトローラーYUZU』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『サウス烏山商店街落談』 (2010/12/18)
『中国嫁日記』 (2010/10/21)
『宇宙戦艦ヤマト(聖悠紀版)』 (2012/05/03)

2012/05/03(木) 19:15:22

宇宙戦艦ヤマトのコミック版といえば言わずと知れた松本零士版の他に、ひおあきら版というのがあって、どちらも単行本化されているので多くの人が知る機会がありますが、それとは別に超人ロックで有名なあの聖悠紀氏の描いたバージョンというのがあって、こちらは一度も単行本化されておらず、自分もその存在を知ったのは割と最近だったりします。

当然のことながら今まで読むことのできない幻の作品だったのですが、現在ではなんと海外のサイトで読むことができます。

宇宙戦艦ヤマトはStar Blazersというタイトルでアメリカで放映されていましたが、掲載されているのはその公式サイトで、自分は英語が読めないので、どのような流れで掲載されるようになったのかはわかりませんが、作者のインタビューも掲載されているようなので、無断というわけではなさそうです。

掲載されているのはこちらのページで、テレビランドという当時の雑誌の写真の下にJapanese versionというリンク先があるので、そちらをクリックすれば読むことができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「『宇宙戦艦ヤマト(聖悠紀版)』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『エインガルドの傭兵達』 (2012/09/07)
『夢幻パトローラーYUZU』 (2012/06/01)
『サウス烏山商店街落談』 (2010/12/18)

2010/12/18(土) 11:25:03

ポータルサイトのlivedoorで連載されている、ギャグ四コマ漫画です。
サウス烏山商店街落談

いわゆる独女を主人公とした「平成の毒婦マチコ姉さん編」が一番長く続いているエピソードで、哀愁の漂う状況をおもしろおかしく描いているのが特徴です。
マチコ姉さん編以前のエピソードも笑わせてくれますが、キャラの魅力ではマチコ姉さんや一条くんに一歩譲るという感じですね。

作者の佐藤真冬氏のブログでは「裏マチコ」という、ボツになった作品が読めますので、気に入った方は訪れてみるといいかと思います。
しかし無条件で掲載されていると思っていたので、ボツがあるのは意外でした。
正直言うと、最近は「裏マチコ」のほうがおもしろいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「『サウス烏山商店街落談』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『中国嫁日記』 (2010/10/21)
『宇宙戦艦ヤマト(聖悠紀版)』 (2012/05/03)
『ラッキーボーイ』 (2013/05/16)

2010/10/21(木) 21:22:29

日本人の夫と中国人の妻のカルチャーギャップを描いたウェブ4コマ漫画で、複数の出版社から書籍化の話を持ちかけられている作品だそうです。
中国嫁日記

日本人は外国人からどのように見られるか気にするといわれますが、そういったツボがしっかりと押さえられていて、読んでいて非常におもしろいです。
そういった要素を抜きにしても、ほのぼのとした作風にメリハリのある展開に、そして非常に魅力的な絵と、ひとつの作品としてレベルの高さを感じさせられます。

ちなみに作者の井上純弌氏はプロのテーブルトークRPGのゲームデザイナー兼イラストレーターで、「天羅万象」「アルシャード」「エンゼルギア」などを手掛けた方なのだそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「『中国嫁日記』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『宇宙戦艦ヤマト(聖悠紀版)』 (2012/05/03)
『エインガルドの傭兵達』 (2012/09/07)
『ラッキーボーイ』 (2013/05/16)