素晴らしい冒険談

ネット上にあるフリーゲームやオリジナルMIDIやMP3の紹介を中心とした、プロアマを問わずお気に入りのクリエイターを紹介するブログ。

2013/10/01(火) 10:57:10

DTIブログが2013年12月17日でサービス終了となるので、livedoorブログに引っ越すことになりました。
画像データなど、まだ完全に移行していませんが、順次移していく予定です。

6年も使わせていただいて、ありがたい気持ちと寂しい気持ちの両方がありますが、新しいサイトでは適当に流しながら(笑)続けていきたいと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ブログ移転のお知らせ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
早いもので一周年 (2008/06/27)
二次選考までだったようで (2008/02/27)
OSを変えたらデザインが・・・・・・ (2007/08/27)

2013/09/23(月) 22:35:37

以前紹介させていただいた「カノウセイ」の続編で、内容は前作のトゥルーエンド以降の展開となっています。
今回は分岐のないノベルで、雰囲気はツクールで作られた前作以上の仕上がりで、プレイ感も3D的なプレイヤー視点になったように感じます。

ストーリーはパラレルな展開が二つ用意されていて、一つは前作のトゥルーエンドの後に待ち受ける惨劇を描いたもので、ジャンルはサスペンスになるかと思います。

もう一つは真のトゥルーエンドと呼べるもので、日常に戻った登場人物たちの生きるうえでの葛藤や学生時代における悩みなど、共感する部分が多く描かれている作品でした。

作者さんのサイト
SULPTENON
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「カノウセカイ(八久斗)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Lost Memory(Child-Dream) (2012/08/05)
魔王の墓(Panop) (2011/11/25)
JuneBride(まきし) (2007/12/18)

2013/08/03(土) 18:38:11

シューティングゲーム風の曲を作成される、Coaさんのサイトです。
Coa Works

ジャンルとしてはデジタルロック、テクノ、フュージョンといったところでしょうか。
素晴らしいノリの良さとかっこよさを兼ね備えていて、繰り返し聴きたいと感じさせる曲が多くアップされています。

ちなみにこの方はかつて鷹月ぐみな氏のFree Soundに、佐伯俊道の名義で曲を提供されていたことがあって、現在サイトにある曲もゲームや映像などに使用可能なようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Coa Works」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
MUS i Cな気分 (2008/04/02)
TensionResolve (2007/08/17)
Pineforest Center (2007/12/14)

2013/07/17(水) 20:10:40

Tears Legendary Fragmentシリーズの続編で、今回はシンプルなダンジョンものとなっています。

戦闘とパズルイベントをこなすことによってストーリーが進んでいきますが、作品の魅力はキャラクターが大きく比重を占めていて、彼女たちのやり取りはとても楽しいものになっています。

ボス戦以外の戦闘は作業になってしまっている感はありましたが、全体的に魅力のある作品だと思います。

作者さんのサイト
Idler Factory
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Tears Legendary Fragment 花と鎧と涙酒(ASUKA)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
RPGクエスト(モンタ!) (2013/01/10)
4号館の事件(INFINITY) (2008/10/27)
オリエンタル サガ(ノリ) (2010/10/04)

2013/07/01(月) 19:02:48

冒険者の宿で依頼を受けながらストーリーが進んでいく、RPGツクールVX Ace製のミッションクリア型のファンタジーRPGです。
この作品は2部構成になっていて、続編はまだ製作中のようです。

ゲームとしてはテンポの良い軽快なノリで、サクサク進めるのが特徴になっています。
セリフも簡潔で楽しさの伝わってくるものになっていて、プレイヤーを引き込む力を持っていたと思います。

展開はタイトルの通り熱血なキャラやイベントに、それをモチーフにしたギャグがプレイヤーを楽しませてくれ、作品の持つ楽しくて明るい雰囲気はとても良い印象を受けました。

ファンタジーRPGの基本的な要素もしっかりと盛り込まれていて、正統派な流れも楽しむことができる作品でした。

作者さんのサイト
ライアース
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「熱き冒険者たちの物語(けいすけ)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
アグニの神(今日花) (2008/12/16)
フェイレンワールド2リファイン(木下英一) (2008/10/30)
コモンセンス(三尺寝) (2009/04/11)

2013/06/19(水) 19:43:50

妖精と一緒に星を集めることになった女性が主人公の、のんびりした雰囲気のRPGツクールXP製のADVです。

おつかいイベントとアイテム収集がメインになっていて、多くの仕掛けや人物が設置されていますが、バラエティに富んだ仕掛けやセリフは本当に良く考えられていると感じさせられました。

それなりに根気のいる側面はありますが、最後まで楽しめる作品に仕上がっていると思います。
すべてのアイテムを集めるのはかなり難しいので、攻略サイトを参考にさせていただくのもいいかもしれません。

作者さんのサイト
月の小部屋

攻略サイト
ふりーむ!掲示板
YouTubeのページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「スターズ(蜜菜)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
チョコ村の魔王(トイ) (2010/01/16)
満月の夜の姫(秋里京子) (2007/10/31)
冒険者の道(Mor) (2009/08/25)

2013/05/16(木) 18:18:53

この記事を書いている時点で460万ダウンロードを記録しているスマートフォンの無料漫画アプリで、その実績からプロの漫画家によるマガジンSPECIALでの連載に結びついた作品です。
ラッキーボーイ

超能力を持つ主人公とアンラッキーガールと呼ばれて忌み嫌われてる女子生徒のふたりを中心に、学園生活を通して人を好きになることや生きることの意味などがテーマとして扱われています。
中盤からはサスペンスの要素が強くなり、この辺りから読み手を引き込む力がぐっと強くなっていきます。

またラッキーな主人公と不幸を撒き散らす少女のパワーがどのような反応を起こしていくのかというのも、ひとつの見所になっていたと思います。
用意されている伏線が後半に紐解かれていくストーリーラインもしっかりとしていて、最後まで楽しく読むことができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「『ラッキーボーイ』」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『サウス烏山商店街落談』 (2010/12/18)
『夢幻パトローラーYUZU』 (2012/06/01)
『エインガルドの傭兵達』 (2012/09/07)

2013/05/01(水) 02:21:22

久しぶりにちよナビという創作系のポータルサイトに、ここのブログを登録しました。
作品を発表していわわけでもないブログを登録するのも、なんとなく気が引けますけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「ちよナビに登録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
BlogPeopleに登録 (2008/05/15)
ツイッターを始めてみました (2010/01/26)
BlogScouterを導入してみる (2007/11/29)

2013/04/20(土) 09:05:01

人身事故の起きた電車を舞台に繰り広げられる惨劇を描いた、テックウィンコンテストパークWeb2008summerで銀賞を受賞したホラーADVです。
ADVと言っても戦闘が多数あるので、アドベンチャーRPGと言ってもいいかもしれません。

タイトルの可能性という言葉には様々な意味が込められていて、作中でのギミック的な使い方も印象に残ります。
異世界に閉じ込められた主人公や化け物といったホラーな展開も、プレイヤーをドキッとさせてくれます。

プレイヤーの行動によって展開は変わっていきますが、ヒントなしにグッドエンドに到達するのはかなり難しいでしょう。
ただ仲間がひとりずつ死んでいく展開は、それはそれでスペクタクルなものとなっています。
作者さんのサイトには攻略法があるので、そちらを参考にさせていただくのもいいかと思います。

全体的に完成度が高いとは言えないかもしれませんが、次の展開をはやく見たいという気持ちにさせてくれる作品だと思います。

作者さんのサイト
SULPTENON
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「カノウセイ(八久斗)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
狛犬第4話(秋里京子) (2007/09/29)
クラシックレジェンド 〜悠久のノスタルジア〜(天駆連星) (2011/10/15)
マキコー姫の大冒険(PIRE) (2008/04/05)

2013/04/15(月) 02:04:01

アンデルセンの人魚姫をモチーフにした人魚が主人公のビジュアルノベルで、選択肢によって展開が変わるマルチエンディングを採用しています。

この作品はダウンロード版とオンライン版がありますが、オンライン版はまぜまぜのべるというフラッシュゲームが作成できるサイトが主催する第3回まぜまぜのべるゲームコンテストで、最優秀賞を受賞されています。

ストーリーは戦闘描写や囚われの身になった主人公の安否など、緊張感のある展開がプレイヤーを引き込んでくれます。
元になった作品が悲劇ということで、この作品もどうなるかという気にさせてくれるのも、良いアクセントになっていたと思います。
それ以外にも謎の提示とそれが少しずつ明かされていく過程がしっかりと描かれていて、最後まで楽しくプレイすることができました。

作者さんのサイト
下僕天国
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「Assault Mermaid(タカば)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
フェイレンワールドアナザーせかんど(木下英一) (2009/03/20)
私の黒猫(夏草) (2008/11/04)
残影 -時の調べ- 後編(Studio-Rise) (2008/09/23)